絵本のネタとは、絵本のストーリーやテーマの元となるアイデアや題材のことです。
絵本のネタはキャラクター、設定、プロットなどの基盤となり非常に重要です。
絵本のネタの一例をご紹介します。

絵本のネタ一例

動物の冒険例「初めて家の外に出た飼い猫。広い外の世界は楽しいですが危険もいっぱい。そんなとき、飼い猫を探しに来てくれた飼い主と出会います」

友情
例 「みんなから仲間はずれにされているとき、親友だけが味方になってくれました。」

成長と挑戦
例「初めての学校。行くのが怖いけれど、勇気を出して登校します。挑戦する子供の物語」

自然環境
例 「動物たちは自然を守ろうと、ゴミ拾いを始めました」

文化や伝統
例「異なる国から来た子供たちが互いの文化に触れ、わかり合うお話」

夢と想像力
例「もしも電車が空を飛んだら、もしも動物とお話ができたら、もしもで始まる空想の世界の物語」

道徳や教訓
例「嘘を繰り返してしまう子供。ある時、正直でいることの大切さに気づきます」

感情の理解
例 「悲しみや怒りの感情があるとき、どう対処するかを学ぶ物語」

さいごに

これらのネタを元に、自身の経験や日常の観察を加えてオリジナルストーリーを作り上げてみてください。魅力的で、心に残る絵本が完成することを願っています。